CPA資格の活動範囲と取得方法

●CPAトレーナー
「CPAトレーナー養成講座」を受講し、トレーナー資格を取得した者。
職場や周囲の人たちへのCPAによる子育てアドバイスができる。

 

CPA講演講師 
規定の「CPA講演講師養成トレーニング」を受講し、認定を受けた者。各所で開催される「イライラしない子育て講座」にCPA認定講師として出向。

【講演講師資格取得条件】
①「CPA講演講師養成トレーニング」(2時間×4回 計8時間のトレーニング)の受講(ただし「CPA講師研修会」への参加で4時間分は免除される)
➁「CPA講演講師認定テスト」に合格

 

 
「ss式イライラしない子育て講座」実施報告書(入力フォーム)

(CPA講演講師の方が講座を開催した場合、2ヶ月以内に入力、送信して下さい)

「ss式イライラしない子育て講座」アンケート用紙(印刷してご利用下さい)

 

●CPAカウンセリング講師
規定の「カウンセリング講師養成トレーニング」を受講し、認定を受けた者。名古屋市児相での個別支援事業(正式名「名古屋市児童相談所における児童虐待再発防止のための保護者支援事業」)また「陽氣会」における親指導を行う。

【CPAカウンセリング講師資格取得条件】
①「CPAカウンセリング講師養成トレーニング」(1.5時間×8回
➁「CPAカウンセリング講師認定テスト」に合格

 

●CPAトレーナー養成指導者
「CPAトレーナー養成講座」を主宰しCPAトレーナーの養成・指導に当たる。
青少年養育支援センター「陽氣会」が実施する「指導者養成研修」を修了し、認定された者。

●CPA地域統括管理者
各地域におけるCPAに関する活動の統括を行う地域責任者。
青少年養育支援センター「陽氣会」より認定された者。