『SS式イライラしない子育て法®』は[Communicative Parenting Approach:コミュニカティブ・ペアレンティング・アプローチ](通称:CPA)といい、当会独自の子育て法です(以下、CPA)。CPAは、暴力や暴言などの脅しのような不適切な養育に陥らず、親子間のコミュニケーションを大切にしながら子どもを上手く育てるコツを集めた育児法です。CPAを活用して子育て支援を行うにあたり、活動に応じてそれぞれ5つの資格を取得する必要があります。

CPA資格制度と取得方法

CPAトレーナー

CPA講演講師

CPAカウンセリング講師

CPAトレーナー養成指導者

CPA地域統括管理者

CPAトレーナー

「CPAトレーナー養成講座」を受講し、トレーナー資格を取得した者。2 日間の日程で、子育てに悩む保護者に対する具体的な子どもとの接し方アドバイスや、ロールプレイングを使った実践的な指導方法を学びます。

職場や周囲の人たちへのCPAによる子育てアドバイスができるようになります。現在、子育て支援施設の職員、保育士、里親、カウンセラーの方などがトレーナー資格を取得され、現場で活用されています。

CPAトレーナー養成講座・日程

CPAトレーナー資格更新について

トレーナー養成講座の様子

CPA講演講師

規定の「CPA講演講師養成トレーニング」を受講し、認定を受けた者。各所で開催される「イライラしない子育て講座」にCPA講師として出向。また、各子育て拠点などで講座を開催することができる。

CPA講師資格更新について

開催報告(イライラしない子育て講座)

講演講師資格取得条件

下記の第1部と第2部の両⽅を受講のうえ、担当育成講師の認定をもって「CPA 講演講師」の資格取得とする。

  • 第1部…講師研修会(3H+3H=計6H)※最少催⾏⼈数…3⼈
  • 第2部…マンツーマントレーニング(1.5H × 4回)

(講師資格取得制度について詳しくは、下記の「CPA講師資格を取得する」のページを参照ください)

CPA講師資格を取得する(取得制度詳細、研修日程)

CPAカウンセリング講師

規定の「カウンセリング講師養成トレーニング」を受講し、認定を受けた者。名古屋市児相での個別支援事業(正式名「名古屋市児童相談所における児童虐待再発防止のための保護者支援事業」)また「陽氣会」における親指導を行う。

CPAカウンセリング講師資格取得条件

  1. 「CPAカウンセリング講師養成トレーニング」(1.5時間×8回 )
  2. 「CPAカウンセリング講師認定テスト」に合格

(前提として、CPA講演講師の資格を取得する必要があります)

CPAトレーナー養成指導者

 「CPAトレーナー養成講座」を主宰しCPAトレーナーの養成・指導に当たる。
青少年養育支援センター「陽氣会」が実施する「指導者養成研修」を修了し、認定された者。

CPA地域統括管理者

各地域におけるCPAに関する活動の統括を行う地域責任者。
青少年養育支援センター「陽氣会」より認定された者。