『SS 式イライラしない子育て法®』は[Communicative Parenting Approach:コミュニカティブ・ペアレンティング・アプローチ](通称:CPA)といい、当会独自の子育て法です(以下、CPA)。近年の脳科学の研究により、子育てに関するさまざま場面で、児童虐待を典型としたさまざまな「チャイルド・マルトリートメント:child maltreatment」=「親の不適切な養育」によって、子どもの脳が物理的に傷つき、学習意欲の低下や依存症、非行、うつや統合失調症などのさまざまな問題や疾病を引き起こすことが明らかになってきました。

CPA は、暴力や暴言などの脅し、「チャイルド・マルトリートメント」のような不適切な養育に陥らず、親子間のコミュニケーションを大切にしながら子どもを上手く育てるコツを集めた育児法です。子どもに対する親のコミュニケーションのとり方をスキルアップすることで、親子の良好な関係を保ちながら、徐々にイライラしない子育てを実現していきます。この子育て法は、当会の代表理事である杉江健二によって開発されました。

 当会では、CPA を楽しくわかりやすく学ぶ子育て講座として「イライラしない子育て講座」を全国各地で開催しています。一般の親を対象とした講座はもちろん、保育士や教職員、児童相談所職員、里親、施設職員、児童家庭支援センターの職員などの支援者向けの研修でも「イライラしない子育て講座」が数多く開催され、各地で好評を得ています。

 また、子育て支援者側のスキル向上として、資格認定制度を設けています。CPA を学んだ方に、トレーナーや講師などの資格を付与し、各現場でCPA の活用・普及を担っていただいています(資格制度について詳しくはコチラ)。

 目まぐるしく変化する現代社会において、子育てを取り巻く環境は複雑化し、孤立や児童虐待の問題は深刻化しています。児童虐待を防ぎ、より良い子育てを実現していくためには、確かな理論や実績にもとづいた「子育て法」を学ぶ必要があります。CPA は、子育て中の親はもちろん、子育て支援者にとっても実用的かつ有効性のある学び・スキルとなっています。


子育て = 親の愛情 × 親のコミュニケーション力

しつけは、親が家庭で行うコミュニケーションによるトレーニングです。CPA では、親子間のコミュニケーションの歯車をうまく噛み合わせるコツを学び、コミュニカティブな子育てを目指します。

受講生の声

  • 子育てのポイントを具体例を交えて説明してもらえるため大変理解しやすい。
  • この講座で教えていただいた子どもへの声掛けを実践したら、子どもの反応に変化があり親子関係が良くなりました。もっと早く知りたかったです。
  • 子育てのコツを家庭でやってみたら効果抜群!家が明るくなりました。色々なスキルを身につける事が、子どもだけでなく自分自身も楽になると思った。
  • ロープレで子どもの気持ちを体験でき、一方的にガミガミ言うのは逆効果だと実感。
  • 「今からでも修正できる」「完璧を目指さなくてもいい」と聞き、心が楽になりました。
  • 子育て中の親のみならず、人間関係全般を円滑にし、日々の生活を潤す強力なコミュニケーションツールだと感じました。

子育て講座日程・お申込みは ⇒こちらから。 ※会場またはオンライン(zoom)